d払い

キャッシュレス決済|ドコモd払いの登録・使い方を徹底解説!

いつもご覧頂きありがとうございます!
初めて当ブログにアクセス頂いた方もありがとうございます
ブログ管理人のハジ(@popo_1215)です。


この記事はドコモのd払いについてこれから使い始める方に向けた記事になります。

ドコモ回線を持っている人も、持っていない人も入会可能なdポイントクラブ会員。年々増加していき会員数は7,800万人を超える規模になっています。

国民の2人に1人がdポイントクラブ会員になっているという計算です。dアカウントを作成すれば利用出来るのでドコモの携帯を利用していないという方も使えるのが嬉しいですね!

現在ではユーザー数の増加に伴い

dポイント加盟店数は5年で381社突破、店舗数は約80,000店舗を超えています。今後更に拡大していく事が予想されます!

この記事を書いている人

d払いの特徴について

出典:d払いウェブサイト

かんたんに始めることができる

面倒な申込みやクレジットカードの登録は不要となっています。

パスワードだけで始められるのが簡単です。また利用料金は月々のケータイ料金と一緒に支払う事も出来るので、支払いをする為にコンビニに行ったり、代引きの手間も省くことが出来るので便利です。

dポイントがたまる&使える

支払い金額に応じて、dポイントがたまります。たまったdポイントは1ポイント1円からお買物のお支払いにつかえます。

・街のお店
200円(税込)1ポイント(0.5%)還元

・ネット
100円(税込)1ポイント(1%)還元

街のお店やネットでも使える

d払いは大手コンビニやドラッグストアをはじめ、家電量販店やレストランなどさまざまなお店に拡大しています。ネットのショッピングサイトでも利用できるからいつでもどこでも使えます。

d払いを利用するには最初にアプリのダウンロードが必要となりますので先にダウンロードを行ってください。

d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い

d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い

株式会社NTTドコモ無料posted withアプリーチ

d払いの登録方法

利用登録には「dアカウント」によるログインをおこないます。ドコモユーザーならモバイルネットワーク(spモード)に接続して、4桁パスワードを入力し利用可能になります。

予めdアカウントがあることによってスムーズに利用が出来るので先に作っておくと良いでしょう!

ドコモ回線以外の方は利用前にdアカウント作成が必要となります。

dアカウントを持っていない場合

ドコモ以外のユーザーでdアカウントを持っていない場合、dアカウントを発行してログインし、支払い手段としてクレジットカードを登録する必要があります。

dアカウントの発行手順は以下の通りとなります。

  1. dアカウント設定アプリを起動し、「新たにdアカウントを作成」をタップ
  2. 連絡先メールアドレスを設定します。端末に選択可能なメールアドレスがある場合は選択項目として表示されます。連絡先として、表示されているメールアドレス以外を設定する場合は、「上記以外のメールアドレスを設定する」をタップ
  3. 予備の連絡先メールアドレスを設定します。任意での設定になりますので予備メールアドレスを設定しない場合は、「予備の連絡先を設定しない」をタップ
  4. dアカウントのIDを設定します。最初におすすめのIDが設定されますが、好きな文字列にしたい場合は文字入力を行いお好みのIDに設定することも可能です。
    メールアドレスをIDとして選択する場合は、表示されるメールアドレスから選択してください。IDが決まったら「設定する」をタップ
  5. dアカウントのパスワード、お客様情報を入力します。全ての必要項目の入力が終わったら「OK」をタップ
  6. 各種、利用規約が表示されるので内容を確認します。メールの受信設定を行い「同意する」をタップ
  7. 以上でdアカウントの作成が完了し、dアカウントの設定が完了です。

d払いアプリを使う時

利用登録を済ませたらd払いのアプリを利用ができます!

スマホ決済アプリによる支払い方法は2通りで

  • QRコードやバーコードを提示する方法
  • お店側のQRコードを読み取りする方法

この2パターンに分けられます。d払いも同様の方法にて決済が可能となっております。

d払いアプリでモバイルdポイントカードを提示すれば、d払いとdポイントの両方に対応した店舗で、d払い分のポイントとdポイントカード分のポイントを二重に貯めることもできます。

d払いで選択できる支払い方法は基本的に「月々の携帯電話料金との合算払い」と「クレジットカード払い」です。dポイントは、1ポイント1円として利用が可能です。ポイントをd払いでの支払いに充てることができます。

d払いを利用出来るお店を探すには

d払いが使えるお店を探す時にはアプリの「つかえるお店」から探すことが出来ます。

使えるお店の一覧が表示されるのでこの中から探すことが出来ます。実店舗、ネットでd払いを利用出来るお店を探す時に役立ちます。

更にエリアとカテゴリからも検索出来るので目的に合わせた検索が出来るので色々と試してみるのも良いでしょう!

更に便利な使い方としては現在の位置情報を利用した検索方法です。現在地情報から検索すると周辺店舗が地図上に一覧表示されるので一目でお店を探せるのでとても便利です。

支払いを行う時には

支払いを行う時には2種類の方法があります。

1つはQRコードやバーコードを提示して支払う方法、もう一つは読み取りを行って支払う方法です。

決済時に表示されているバーコードをタップするとバーコード画面が以下のように拡大表示されるのでこの画面を提示して決済を行います。

読み取りを行う時はホーム画面の上に[読み取り]という箇所があるのでタップします。するとカメラの画面になるのでカメラで相手側のコードを読み取り決済を行う事が出来ます。

チャージを行う時

チャージを行う時にはホーム画面の[チャージ]から行います。

チャージ方法は4種類ありますので希望するチャージ方法にてチャージを行います。

 

※チャージを行う前に本人確認が必要になります。

運転免許証やマイナンバーカードを用いて予め本人確認を済ませておく必要があります。

クーポンを使う時には

d払い時にクーポンを利用するとお得に買えるので使えるクーポンに関しては積極的に使っていくと良いでしょう!

クーポンはアプリのホーム画面の下のメニューに「クーポン」という項目があるのでそこからクーポン一覧を表示します。

このようにクーポンが表示されるので使いたいお店のクーポンを探すことが出来ます。使えるお店は限られてしまいますがジャンルもコンビニやネットショップ、スーパーやドラックストア、百貨店、家電量販店などがあります。

試しにローソンのウチカフェのクーポンを見るとウチカフェスイーツ各種が20円OFFで購入出来るのでd払いを利用する時に利用することが出来ます。

クーポンを表示するとバーコードが表示されるのでレジで提示した後に決済を行います。

「クーポンを表示する」というボタンの下に「ご利用前にご確認ください」という項目があるのでクーポンの詳細等はこちらから確認が可能です。利用条件等が記載されています。

テイクアウトでd払いを利用するには

近頃普及しているテイクアウトですがd払いのアプリを利用してテイクアウトの注文も可能です。

利用するにはd払いアプリホーム画面下に「予約・注文」という項目がありますのでそこから利用が可能です。

テイクアウトや予約が可能な店舗が表示されるので選択します。

試しに今回はすき家を選択してみます。

すきやのテイクアウト可能な店舗が出てきますので予約注文を進めていきます。

まずはメニュー一覧から商品を選択します。

牛丼を選択してみます。サイズ変更やオプションの選択も可能なので選んでいきます。

つゆだく、つゆなし、ねぎだく、ねぎぬきなどの設定も出来るので細かい所にも配慮があるイメージです。セットメニューなども選択可能!

商品を選択したら次に受け取り店舗や受け取り日時の選択を行います。すき家のテイクアウト注文は申込後30分以降から取りに行くことが可能なようです。

もしかしたら地域や混雑状況に応じて変動する可能性はありますね。

再度に決済を行って注文が完了します。

簡単に利用出来ちゃいますね。先に予約や注文を行っておくと待ち時間を省くことが出来るので急いでいる方や時間がない方には助かりますね。

まとめ

この記事ではd払いについて説明してきましたがいかがだったでしょうか?

ドコモのケータイを利用していない方でもd払いアプリを利用しアカウントを登録すれば利用することは可能です。d払いも利用出来るお店も年々増えてきているのでこれから使い始めようと考えている方にもオススメです!キャンペーンも定期的に開催されています。

ポイントの二重取りやクーポン等を活用していくとポイント収集も普段の買い物からも貯めてく事が出来ます!更にクーポンでお得に買い物出来るので使わないと勿体ないですね。

最後までご覧頂きありがとうございました。
今後も役立つ情報を日々更新していきますので引き続きよろしくお願いいたします!

ブログランキングに参加中です!
クリックで応援して頂けると嬉しいです!


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


電子マネーランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です