生活に関する情報

FEUER HAND|ハリケーンランタンを買ってみたら最高に良かった

いつもご覧頂きありがとうございます!
初めて当ブログにアクセス頂いた方もありがとうございます
ブログ管理人のハジ(@popo_1215)です。


今回はFEUER HAND 276についてのレビュー記事を書いてみました。灯油ランタン(ハリケーンランタン)で初めて購入したのがこちらのランタンです。

キャンプ、アウトドア好きなら1台は確実に持っておきたいランタンかと思います。

ドイツで誕生した灯油ランタン『FEUER HAND』です。読み方はフュアーハンドです。初めての灯油ランタンとしては最適なモデルになります。今回はジンクと言われる亜鉛メッキが施されたモデルで雰囲気も非常に良いです。

今回はこちらのランタンを細かく解説していきたいと思います。

これから灯油ランタン(ハリケーンランタン)を買ってみようと思っている方に参考になる内容となっております。

著者も今までは灯油ではないバッテリー搭載型のランタンを使っておりましたが灯油ランタンがの炎の魅力に惹かれたのがきっかけでした。バッテリー搭載型のランタンの方が安全に扱えて、手軽なのは間違いないです。

しかし、あえて扱いもちょっと注意が必要で手間がかかる。それでも使いたいという魅力が灯油ランタンにはあると思ってます。

FEUER HAND 276の使い方について

早速、灯油ランタンの使い方を説明していきます。使う前に以下の内容に注意して使うようにしてください。火を扱うので使い方を間違えてしまうと危険な物になってしまいます。

本当に素敵なランタンなので正しく使うようにしましょう。

  • 密閉空間で使わない
  • 周囲に燃える物を置かない
  • 燃料を入れる時にこぼれたら拭取る
  • 平らな場所で使う
  • 芯の出し過ぎに注意

タンクに燃料を入れる

こちらのランタンには燃料として灯油又はパラフィンオイルを使います。2つの燃料について長所短所があるのでそれらも踏まえて使ってみるのが良いと思います。

灯油

長所

  • 価格が安い
  • 手軽に入手可能

短所

  • 燃焼時の匂いがある
  • 煤(すす)がつく

灯油であればガソリンスタンドやホームセンターなど広い範囲で売られているので比較的に入手しやすいのと1Lあたりの価格も100円以下なのでパラフィンオイルと比較すると断然安い。

しかし、その反面で灯油なので燃焼時には石油ストーブのような匂いがあります。あとはランタンに煤(すす)が付きやすくなるのでホヤや本体が黒く煤が付着します。

パラフィンオイル

長所

  • 匂いが灯油のように臭くない
  • 煤(すす)がつかない

短所

  • 価格が高い
  • 燃焼時の明るさが灯油より劣る
  • 売ってるところが少ない

このようにパラフィンオイルは1Lあたり1,000円くらいになりますので灯油と比較してしまうとかなり高額になります。

ホームセンターやアウトドアショップ等で入手が可能ですが取扱店舗は少ないです。その反面、灯油と比較すると匂いもしない、更に煤(すす)がつかないので綺麗に使用できます。

レバーを下げる

燃料の補充が終わったら着火をしますが最初に本体の左側のレバーを下に下げます。溝があるのでその位置までレバーを下げます。ちょっと力がいりますので力をいれてレバーを下げます。

すると以下の状態になります。

溝までレバーを下げた状態です。溝までレバーを下げるとホヤの部分が上に上がり着火する芯が出てきます。

この時に芯が多く出ていると着火した時に火が大きくなるので芯は1cm未満位に調整しておくのがいいと思います。

芯に着火します

出てきた芯に火をつけると着火しますのでこれで完了です。

レバーを再度上に戻す

レバーを上にあげるとホヤが下がってくるのでこれで着火作業が完了です。火の調整は右の丸いバーを回すことで調整が出来ます。

芯が多く出るほど火が大きくなり明るさを増す、芯の出る量を少なくすると火が小さくなり明るさも減少する。

 

FEUER HAND 276を色々な角度から見る

現在こちらのランタンを検討されている方に少しでも参考になるよう色々な角度からランタンを撮影してみました。文章ではなかなか伝わらない部分も写真でお伝えできればと思います。

私も購入前には色々見てましたがやはり実際に手元に来ると二次元で見ているのとは全然違いました。もちろんいい意味で現物が良かったです!

箱から最初に出した状態

到着後箱から早速出すとランタンが紙袋に包まれたランタンが姿を現します。個人的にはこの紙袋っていうのも非常に雰囲気が良くてこの段階でウキウキです。

紙袋にはFEUER HAND276という文字が見えます。紙袋も洒落た雰囲気で本体を見る前からテンションはかなり上がりますね。感覚的には新しいiPhoneが到着する時や、新しく家電を買った時のワクワク感に近いですね。

ランタン本体を出した状態

本体を紙袋から出してあげるとこのような状態です。26cmという事ですが実際に手元で見ると存在感もあります。重量は460gなので500mlのペットボトルよりも軽いです。

大きさはあるけど持ってみると非常に軽い印象でした。実にかっこいいです!何となくランタンってレトロな雰囲気があって本体は金属質でひんやりしてますが温かい雰囲気がありますね。

本体に括り付けてあるタグです。詳しくは分かりませんが『MADE IN GERMANY』のドイツ製ということは分かりました。

私はこういったタグとか付属品も保管するタイプなので全て箱に残してあります。

本体上部

本体上部には『ORIGINAL-NIER-FEUER HAND』という文字が見えます。上から見る姿もいいですね。上部には輪っか(トップリング)がついってますがこれが動くときに金属同士が当たって音を発しますがその音もまたいいです。

そこから下に行くと次はホヤガラスで文字が色々プリントされていますね。SUPRAXという文字が見られますがこれはホウケイ酸ガラスで高い信頼性、耐久性を持つガラスです。

さすがランタンに用いられるガラスなのでこのような丈夫な素材というのも納得ですね。因みに値段もそれなりにするので大事に使おうと思います。

因みに値段は
これくらいです↓

一応、交換部品はありますので万が一破損してしまった場合も買う事は可能です。

本体下部

タンクの部分ですがここにランタン用の燃料を入れます。タンクは容量が340mlで缶ジュースの350ml缶位の量が入るという事です。

あまり多くいれると持ち運ぶ時の揺れで漏れる可能性もあるのでちょい足しで使う方がいいかもしれません。長期間使わない時に中の灯油も劣化してしまうので入れ過ぎには注意です。

タンクの蓋を回す時の感覚がクセになります。無駄に回したくなってしまうくらい気持ち良い蓋ですね。

金属のネジ式の蓋は音も回している感覚も心地よいです。

ランタンの裏側の写真になります。裏側は特に刻印などはありませんでした。因みにタンク内に灯油などが入っている状態だと漏れるので横に倒したり、ひっくり返すことが出来ません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はFEUER HAND 276について記事にしてみましたが私自身買ってよかったと思える1品でした。キャンプも一層楽しくなります。LEDのランタンとは違って明るさ的には物足りない部分もありますがそれがまた良いんです。

使いこんでいく事で更に味も出てくるので長年使う為にメンテナンスをしていこうと思います。今後はデイツのランタンも記事にしたいと思っております。

今回の記事で紹介した本体はこちらです

最後までご覧頂きありがとうございました。
今後も役立つ情報を日々更新していきますので引き続きよろしくお願いいたします!

ブログランキングに参加中です!
クリックで応援して頂けると嬉しいです!


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


電子マネーランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です